セフレを続けるコツとは?色々な関係があるセフレについて

- セフレの形は自由で人それぞれ

セフレの形は自由で人それぞれ

セフレは、激しくセックスをするようなプレイや普段はあまり人に明かせない恥ずかしい性癖を共有するためにも使うことができるものです。
セックスフレンドは、プレイ内容やセックスの傾向、頻度や都合などいろんな理由でセフレを作っているものなのですが、セックスフレンドの在り方というか、どうあるべきものなのかということを紹介しましょう。

決まった形がないのがセフレ

そもそも、セフレにはこうあるべき物というような形がないんですよね。
つまりは、セオリーという物がなくある程度はお互いの望むような形を自由に再現することができるのです。
言ってみれば、セフレの形というのは男女間の望むような物があれば、合意の上で一般的なセフレとは違うような形をとることもできるという物なのですね。
しかし、そこにもある程度秩序や制約、ルールなどがあってその内でやらなくてはいけないということを覚えておきましょう。


ルールの中で行う自由な形とは

とは言っても、セフレやエロイプのルールはそれ程難しい物ではありません。
基本的に、相手の嫌がるようなことをしないしお互いの都合をちゃんと考えて行動するというようなことさえ守っていれば基本的に他は変則的な形をとっても問題はないのです。
例えば、恋人のようなセフレを作るのもありですし、逆に月に1度以下しか会わないようなかなり頻度の少ないセフレなど、距離感がものすごく遠いというようなパターンでも問題はないわけですね。
お互いが、その形で納得しているのであれば、セフレという形に決まったセオリーというようなものはないのです。
他にも、特別な時にしか会わないようなセフレになってもいいですし、友人関係としての付き合いがあるようなセフレになることもできます。
セフレの付き合い方は人それぞれ、組み合わせそれぞれですし、相性の良しあしなどでも付き合い方が大きく変わっていく物なので決まった形にこだわる必要も特にない、ということなんですね。